Blog


ISSJブログ:インドのレジャー施設

今回は、インドのレジャーについてのお話です。皆さんは、もしインドに行かれたら何をしたいですか?型通りでない新しい楽しみ方を発見すべく、インドの人々の余暇の過ごし方について探ってみました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
レジャー施設の少ないインド
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 日本人から見ると、インドには娯楽の場がとても少ないと感じるかもしれません。カラオケ、ボーリング、アイススケート場などもたまに見かけることはありますが、その数はとても少なく、利用も一部のお金持ちに限られることが多いため、庶民の娯楽の場とは言い難いのです。
ではインドの若者たちは、休日には何をしているのでしょう?
実は今、若者たちの熱い支持を集めているのが、モールでのウインドーショッピングなのです。都市部には、レストランやゲームセンターの併設された大きなショッピングモールが次々と作られています。
実際に必要なものは地元の安いマーケットで買うので、あくまでもここでは“ウインドー”なのがポイント。でもこの“モールをプラプラ”することへの情熱は半端なく、特に女の子たちは、思い切りオシャレをして街へ繰り出して行くそうです。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
インド屈指の遊園地“Wonderla”
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 インド旅行の際にまず訪れたいと思うのは、タージマハルに代表される世界遺産や、ガンジス川の流れるバラナシなど。では、これらの文化や自然を満喫し、「じゃあ次は都会を体験」と思い立ったとき、私たちの行く先はショッピングくらいしかないのでしょうか・・・。
いえいえ、あるんです!実はインドには、なかなか凄い遊園地があるんです!その名も“Wonderla”! 
この施設は、トリップアドバイザーのインド国内遊園地ランキングで第1位を獲得したのみならず、アジア全体でもなんと第7位という好成績を得ている遊園地なのです。
「外国の遊園地って、安全レバーとかちゃんと作動するの?」・・・なんて心配もご無用。Wonderlaは、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格「OHSAS 18001:2007」の厳しい審査基準をクリアし、正式に認証を取得。日本の遊園地顔負けの絶叫アトラクションも安心して楽しめます。
広大な園内には子供から大人まで楽しめる59個のアトラクションの他、レストランや映画館、波のプールまで完備。そして気になる料金はというと・・・全アトラクションとプール利用し放題で、大人ひとり700ルピー(約1300円)、土日祝日は870ルピー(約1600円)です。この料金で一日中遊べるなんて、まさにWonderfulですよね!
補足ですが、このWonderlaを運営している会社は環境保全に対しても理解が深く、なんと園内には2000本以上の木々を植樹。また、施設周囲にソーラーパネルを多数配置し、温水プールに使用しているそうです。
所在地は、インドでも有数の都市バンガロールのマイソールロード沿い。インドを訪れた際には、財布にも地球にも優しいハイスペック遊園地“Wonderla”で、素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

Copyright © Indo-Sakura Software Japan K.K. All rights reserved