Pick Up

Blog

ISSJブログ:インド高額紙幣 今回は、「新2000ルピー紙幣にGPS?」というタイトルで、お金の話 をしたいと思います。 インドのお金の単位はルピーで、2016年11月の時点では、為替レートは1ルピー≒1.6円。最高額紙幣は1,000ルピーで、その他に500ルピー、100ルピー、50ルピー、20ルピー、10ルピー、全部で6種類の紙幣が流通しておりました。(10ルピーは紙幣とコインが混在しています。) □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 紙幣が一夜で紙切れに! □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 2016年11月8日夜、モディ首相は国民への演説を行い、9日午前0時をもってルピーの高額紙幣2種(500ルピーと1,000ルピー)を廃止し、新500ルピー紙幣及び2,000ルピー紙幣を導入することを突然に発表しました。旧紙幣は一夜にして法定通貨としての効力を失なってしまったのです。 インド財務省や、RBI(インド準備銀行)等の政府機関が、銀行での換金の期限を12月30日迄とし、交換の上限も1回4,000ルピーまでと発表したために、インド国内では旧紙幣の交換に訪れる人々が、連日、銀行窓口やATMに長蛇の列をつくることとなりました。この映像は、ニュース等でご覧になった方もいるのではないでしょうか。 基本的にはルピーはインド国外に持ち出すことはできませんが、インドと日本を行き来している当社社員にとって、ルピーは常に手元にあるのが普通の状態でしたので、どうやって両替するかということで、インド銀行や大使館、はたまた帰国予定の知人・親族など方々に連絡をとりあう騒動となりました。…

2017/01
Blog

ISSJブログ:インドの高速鉄道 今回の話題は、「インドの高速鉄道」についてです。インドの鉄道というと、列車の車内は日本の満員電車以上の混雑ぶり、中には網棚の上に寝そべっている乗客までも。そんな光景を写真や動画でご覧になった方もいらっしゃると思います。でもそれは在来線の話しであり、今回は高速鉄道にスポットをあてます。 □□□□□□□□□□□□ インドの第1号高速鉄道 □□□□□□□□□□□□ 日本とインドは2015年12月12日のモディ印首相と安倍日首相との首脳会談で、インドの高速鉄道案件において日本の新幹線方式を採用することで合意しました。受注確実といわれたインドネシアの高速鉄道案件を土壇場で中国にさらわれた日本政府としても、一矢報いた格好です。 今回日本が受注したのは、13もの計画路線があるインド高速鉄道計画のうち、インド最大の都市ムンバイと工業都市アーメダバードを結ぶ、約500kmのルート。最高速度は時速320キロメートルで、所要時間は現在の約8時間から2時間程度へ大幅に短縮されます。鉄道網の近代化を政策に掲げるモディ首相にとって、アーメダバードはかつて彼本人が州知事を務めたグジャラート州の主要都市です。その意味でも今回の受注したルートは、高速鉄道時代の幕開けを飾るのにふさわしい路線といえるでしょう。 インド版新幹線の建設工事は2017年にスタートし、2023年に完成する予定です。海外における新幹線方式の採用事例としては、2007年開業の台湾に続く2例目。これを機会に、今後の他国への展開にも弾みがつくといいですね。 □□□□□□□□□□□ 最大のライバルは中国…

2016/10
Blog

ISSJブログ:インドの結婚 今回は、インドの結婚についてのお話です。 実は6月は、高温とスコールのため、インドでは最も結婚式には適さないとされているそうですが・・・、世界的に有名な「ジューンブライド」にちなみ、インドの結婚事情について見ていきたいと思います。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ インドで話題の出会い系サイト □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  一昔前まで、インドではお見合い結婚が「当たり前」でした。ヒンドゥー教では家族の結びつきが大変強く、両親に認められた結婚をすることが大切であるからです。現在も地域によっては、お見合い結婚以外は許されないという場所もあるようです。 そうは言っても、最近の都市部では恋愛結婚も増えているようで、弊社のインド拠点があるベンガルールなどでは、お見合いと恋愛が半々のようです。そうした恋愛結婚の増加を背景に、いまインド国内で急速に需要が高まっているのが「出会い系サイト」なのです。 インド人にとって、恋愛は基本的に結婚が前提。そのため、ネットを使っての相手選びも至って真剣です。そんなインドの若者たちの要望に応えるために、サービス会社側も様々な工夫を凝らしています。 例えば・・・、インドで生まれた出会い系サービス「Shaadi」は、1996年の運営開始以降、巧みな宣伝力でユーザー数をどんどん増やしました。そして今や、そのメンバーは3000万人、カップル成立数は実に320万件以上だと言われています。…

2016/06
Blog

ISSJブログ:インドのレジャー施設 今回は、インドのレジャーについてのお話です。皆さんは、もしインドに行かれたら何をしたいですか?型通りでない新しい楽しみ方を発見すべく、インドの人々の余暇の過ごし方について探ってみました。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ レジャー施設の少ないインド □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□  日本人から見ると、インドには娯楽の場がとても少ないと感じるかもしれません。カラオケ、ボーリング、アイススケート場などもたまに見かけることはありますが、その数はとても少なく、利用も一部のお金持ちに限られることが多いため、庶民の娯楽の場とは言い難いのです。 ではインドの若者たちは、休日には何をしているのでしょう? 実は今、若者たちの熱い支持を集めているのが、モールでのウインドーショッピングなのです。都市部には、レストランやゲームセンターの併設された大きなショッピングモールが次々と作られています。 実際に必要なものは地元の安いマーケットで買うので、あくまでもここでは“ウインドー”なのがポイント。でもこの“モールをプラプラ”することへの情熱は半端なく、特に女の子たちは、思い切りオシャレをして街へ繰り出して行くそうです。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□…

2015/12

Copyright © Indo-Sakura Software Japan K.K. All rights reserved